特徴

カラフルな住宅群

分譲住宅は、自分がオーダーして建てるのではなく、既に完成されたもののことを言います。自分の要望が反映できるわけではないですが、分譲住宅なりのメリットがあります。

Read more »

価格の明確さ

坂に並ぶ戸建住宅

注文住宅のように、自分好みに希望を出していくと、どうしても金額が上がっていきます。それに比べて完成品である分譲住宅は、すでに価格が決まっていて購入しやすいのが特徴となります。

Read more »


完成品を買う

手のひらの夢の家

家を建てる方法の一つに、注文住宅という方法があり、この方法は自分好みに家を建てることが出来るのが特徴です。
注文住宅だと、間取りや内装まで要望を反映させることが出来るのが魅力です。
それとは逆で、もう既に完成している家のことを分譲住宅といいます。
分譲住宅は別名建売住宅とも呼ばれています。
建物と、土地をセットで買うのがこの分譲住宅というものです。
分譲住宅とは、不動産会社や建売分譲業者が、土地にすでに建物・住宅を新築で建てて販売することです。
決まったプランや金額が設定されているので、購入予算が決まっている人などには適しています。

家を購入するとき、時間をかけず、いいものがあったらすぐに購入したい・すぐに何らかの事情で購入せざるを得ないという人がいます。
そんな人には、既に既成品として出来上がっている分譲住宅が適しています。
不動産と建売業者の間で建てられたものを、見て確認し、気に入ったらすぐに購入することが可能です。
一戸建てであっても、土地の立地条件や雰囲気が気に入れば、すぐに購入することが出来ます。
あらかじめ間取りや外観も、不動産と建売業者が判断して設計されていますが、その分安くなっています。
価格も、手を後で加えるわけではないので、明確になっています。
土地・建物・消費税まで全てが含まれた金額で販売されているので、購入がしやすいです。

家を買うのは、これからの家族の生活にも関わることなので、とても勇気がいることです。
また買うときには、一戸建てであればセキュリティの問題も考えなければなりません。
注文住宅だと、外観や内装などにお金をかけてしまいがちですが、分譲住宅であればセキュリティの面でお金をかけることも可能です。
価格も明確で、注文住宅よりも安くなっているので、後から防犯対策にお金をかけることが出来るのです。
日本だからといって、必ずしも犯罪や事故が起きないという保障はありません。
自分の家と家族を守るために、分譲住宅を買った際はセキュリティに関しても考えましょう。
立地的に住宅街や治安のいいところを選ぶというのもポイントです。